本文へスキップ

アジアに密着 Asia-Wach Network

    
           



#11 世界遺産・開城/600年後に現れた高麗王印(玉璽)と族譜  



高麗王朝の始祖・王建の子孫
 国連教育科学文化機関(ユネスコ=UNESCO)、第37回世界遺産委員会は、朝鮮最初の統一国家・高麗王朝の都だった北朝鮮・開城市の歴史遺跡地区を世界文化遺産に登録することを決めた。北朝鮮の世界遺産は、2004年に平壌近郊の高句麗古墳群が登録されたのに続き、2番目になる。

 高麗王朝は、918年に王建(太祖)が建て、1392年に李成桂がクーデターで朝鮮王朝をスタートさせるまで474年間続いた。古都、開城市には高麗時代の遺物を展示する高麗博物館がある。この博物館で一番の注目を集めているのは、高麗王の印・玉璽(ぎょくじ)と王氏の族譜である。
 この玉璽と族譜は、文明国として栄えた高麗王朝が滅ぶと同時に行方不明となった。王氏一族の一人が朝鮮王朝の弾圧を避けて玉璽と族譜を隠したからである。そして、王氏一族は姓名を変え、人目を避けて山村で暮しながら、高麗王の象徴を密かに守り続けた。

 その後、朝鮮王朝、大韓帝国と時代が移るが、高麗の玉璽と族譜は代を継いで守られた。朝鮮半島最初の統一王朝の象徴ともいえる遺物の喪失は「朝鮮の破滅」と信じられてきた。朝鮮半島が植民地となった日帝時代に、この思いはより強まったと言われている。

 1948年9月、朝鮮民主主義人民共和国が誕生し、これまで世俗から離れて暮していた王氏の子孫も新社会の一構成員となった。1992年5月、金日成主席は王建王陵を訪問した。
 そこで、半島最初の統一王朝・高麗の始祖王の墓にふさわしく改築するように指示した。王氏の子孫は、開祖・王建の業績と高麗が再び公正に評価されたと感激し、玉璽と族譜を公表することに決めた。

 (アジア・ウオッチ・ネットワーク 小堀 新之助 / 2014年4月)

#12 ヘアスタイル事情  


 「北朝鮮当局は男子大学生に、金正恩第一書記と同じ髪型を要求している」――これは、英国BBCが3月末に流した「嘘(エイプリルフール)・ニュース」だが、確かに金正恩第一書記の髪型は故・金日成主席を彷彿とさせ、若さのなかにも威厳を感じる。
 そして、平壌では男性のヘアースタイルに熱い視線が注がれているのも事実だ。

 平壌でガイドに髪型の規制があるのか聞いた。答えは、「規制はないが流行はある」だった。
 その「流行」、今は若者ではなく、40、50代の中年男性がヘアースタイルに関心を寄せている、とのこと。言うなれば、働き盛りの中年男性が若作りに励んでいる。

 北朝鮮では「ペキ(覇気)ヘアー」と呼ばれる髪型が流行で、若者のシンボルだった。しかし、最近は中年男性が、この髪型を取り入れるようになり、街の雰囲気まで変わり、「若さ」が感じられるようになった、とか。
       (アジア・ウオッチ・ネットワーク 村上知実 / 2014年4月)

#13 平壌の春  


 さまざまな花が一斉に咲く北朝鮮の春。水ぬるむ川のほとりや
公園、野山に人々が繰り出し「春到来」を喜ぶ。凍てついた冬景色から光り輝く季節へ…平壌市内を歩くと市民の弾んだ心が伝わって
くる。 
 北朝鮮では3、4月を「衛生月間」とし、特に街の美化に取り組んでいる。休日にはアパート周辺や歩道、花壇で冬の汚れを落とし、ペンキ塗りで再化粧を施す人々の姿が目立つ。

 去年の春、北朝鮮は3度目の核実験を行い、東アジアの緊張が高まった。しかし、今年はこれまでのところ去年のような緊張感に包まれた春ではない。やはり、春は安定と平穏が似合う季節だ。

 朝鮮の歴史に詳しい人から「花柳」について聞いたことがある。
「花柳界」といえば日本では花街、芸者街を指すが、もともと両班階級が芸生を呼んで花見をしたことに由来するらしい。花や柳の下で宴を楽しむ「花柳遊び」が語源だという。

 今ではそんな風習は消え去った。しかし、平壌の春の野辺にたたずみ、野遊びに興じる人々を見ていると、独特な感覚で春を愛でてきた朝鮮民族の「艶っぽさ」を感じる。

  (アジア・ウオッチ・ネットワーク 村上知実 / 2014年4月)

#14 牡丹峰とミツバチ




 平壌の牡丹峰(モランボン)は澄み切った空気と緑の静寂に包まれた公園だ。市民の憩いの場所である。6世紀半ばの高句麗時代に建設されたといわれ、乙蜜台(ウルミルテ/楼亭)、七星門(チルソンムン)、浮碧楼(ブヒョクル)などの遺跡がある。
 浮碧楼は大同江の澄んだ流れに浮いたように見えることから、その名が付いたという。東空に浮かび上がる月を浮碧楼から仰ぎ見るのが、一番美しいと言われてきた。
「浮碧翫月」は平壌八景の一つになっている。

 牡丹峰は「首都の庭園」とも呼ばれ、さまざまな樹木、草花が植えられ、花の競演が楽しめる。この花にミツバチが誘われるのか、養蜂が行われている。養蜂を営む市民に話を聞いた。
Q:(ハン・ミョンイルさん、34歳)養蜂を始めた時期、その量は?
A:養蜂に関心を持ち始めたのは学校(平壌農業専門学校畜産科卒業)
 の時からです。3年前から牡丹峰で養蜂を始めました。
 当初は少しだけだったけど、 今は巣箱が50を超えました。

Q:(キム・スングァンさん)養蜂を始めた動機は?
A:私は64歳です。定年退職しました。
 素晴らしい庭園に咲いて散る花が惜しくて、養蜂を始めました。
 周りからは「ミツバチおじさん」と呼ばれています。
Q:市内中心部は環境的に養蜂には難しいのでは?
A:ここは樹木が生い茂っているし、国家政策による緑化も進んでいま
 すから養蜂に問題はありません。5月は蜜源植物のアカシアの花が咲
 き蓄密させたハチミツを採集します。私のような「牡丹峰の養蜂家」
 は20人もいますよ。

 (アジア・ウオッチ・ネットワーク 北朝鮮取材班 / 2014年5月)

#15 山美水清  



 北朝鮮を旅する時、自然環境が日本と似ている、と感じる。
北朝鮮の国土は、山岳部が80%以上を占める。文字通り金、銀等の
鉱物が豊富で富を生む「宝の山」である。
 白頭山や金剛山、妙香山、九月山の名山は歌に歌われ伝説が残る。人々は山々を昔から崇めて暮らしてきた。

 山からは、美味な清水が湧き出す。特に有名な清水はを聞くと、
慈江道城干郡外仲里のゴム泉水をあげる人が多い。
 ここの水は酸素と炭酸が多量に含まれ、そう快ですっきりした味わいだという。北朝鮮当局の分析では、脂肪の消化吸収に重要な役割を果たす胆汁の形成と排泄に効果があり、コレステロールと脂肪が血管たまるのを防ぐ効能があるらしい。
 さらに、カルシウム、ナトリウム、鉄成分の鉱物質とフッ素が多量に含まれ、老化防止にも最適とのこと。

 この地にはもう一つ、「長寿泉水」と呼ばれるミネラルウォーターが湧き出す。地層深い場所を源泉とし、地元では胃の治療や疲労回復源に効果のある清水として飲まれている。

 美味な清水、体に優しい泉水として商品開発できそうだが、まだそこまでには至っていない。開発よりも自然を愛でる心が強いのか、単に開発する気がないだけなのか。見極めは難しい。

 




 (アジア・ウオッチ・ネットワーク 北朝鮮取材班 / 2014年9月)

#16 注射薬「金堂2」の主成分は開城高麗人参  


富強製薬会社の工場

 新薬やサプリメントの開発・研究に力を注ぎ、積極的に海外向けて売り込みを図っている企業の一つが富強製薬会社だ。
 最近、免疫力を高める注射薬を開発したという。その注射薬の主成分は高麗人参だ。

 南北朝鮮の対立の象徴でもある板門店に近い古都、開城は高麗人参の産地である。 開城高麗人参の薬効は、「神草」(万病に効く)、
土精(沃土の精気を帯びる)、さらには人間の血を与えるとして
「血参」などと言われてきた。
 五臓を保護し、脳と心臓血管系統に良好な影響を与え、身体の活力を増進するなどの特効があるといわれている。抗放射線作用と抗がん作用もあるらしい。

 富強製薬会社は、この開城高麗人参の中にある多糖体とレアアース(希有金属/Ce,La,Pr,Nd,Sm,Au,Pt)が着化し、合成物質を作ることを発見した。その物質を抽出・加工して、免疫活性・治療剤のアンプル注射薬を開発したという。
 この注射薬・「金堂2」は抗生物質、インターフェロンを体内で生成させる能力を16倍以上に高める。そして自律神経と免疫体系を向上させ、細胞増殖、神経復活、抗炎症、抗腫瘍、解熱・鎮痛などの作用を強める。この薬には痛みや副作用もなく、即効性があるという。
 現在、ロシア、中国、モンゴル、ベトナム、ドイツ、エジプト、アンゴラなど30以上の国に輸出され、毎月10万箱以上の注射薬が送り出されている。

 モンゴルアジア製薬会社は「この注射薬は打撲傷、手術後の回復、各種の伝染病など多くの疾病治療に使っている。他の薬に比べ、即効性があり、副作用もない。弊社の輸入薬の総額で50%はこの注射薬が占めている。」と評価している。

(アジア・ウオッチ・ネットワーク 北朝鮮取材班 / 2014年9月)


#17 唯一無二の北朝鮮ゴルフコース



平壌ゴルフ・コース


龍岡温泉のコテージ内部と温泉(個室)
 ゴルフ好きの願望は、名門コースの会員になり、そこで技術・スキルと社交の幅を極めることだと思う。また、自然の美しさや戦略性の高いコースが「売り物」の世界の名門コースでプレーすることも夢見る。
 米国のゴルフ誌などでは、世界のゴルフコースのランク付けを行っている。コース難易度、デザイン、景観、コンディション、雰囲気、などが評価対象になるらしい。
 いつもベスト10は米国、英国のゴルフコースが占める。アジアのコースは問題外、といったところだ。

 ゴルフ仲間に名門といわれる「○×□コースでプレーした」と吹聴できるのは気持ちが良い。一般のゴルファーが簡単にプレーできないというなら、それは北朝鮮のゴルフ場だろう。
 観光で北朝鮮に入るのも、「決意」と「覚悟」がいると考える人が多い。そこでゴルフをやる、のは想定外かもしれない。
 そもそも、先軍政治の統治が続く中、北朝鮮にゴルフ場などあるわけはない、と思っている人が多いと思う。
 実は北朝鮮にもゴルフ・コースはある。1987年にオープンした「平壌ゴルフコース」。18ホール、パー72、6,800ヤード、フェアウエーは高麗芝、グリーンはベント芝で、外見だけ取り繕ったコースではない。ゴルフ場専属キャディ(女性)もいる。本格的なゴルフコースだ。

 このゴルフ場は、平壌の南西に約40キロの台城湖に沿って作られた。どのホールもフェアウェーが狭く、ドッグレッグホールが多いので、正確なショットが求められる。
 外国人旅行者もプレーができる。プレー費は25,000円前後(貸しクラブ、靴、キャディー費込み)だから安いとはいえない。

 有難いことに、ゴルフ場の近くには龍岡(リョンガン)温泉もある。温泉好きの日本人が日本統治時代に開発した温泉で、塩化ナトリウム・ラドン温泉(ラジウム泉)とか。
 外国人旅行者用の温泉コテージは、各部屋に温泉が引かれ高級別荘のような造りになっている。ゴルフの後ゆっくり温泉に浸かると「いい湯だな」とすきっきりした気分になる。

 台城湖の絶景を眼にしながら綺麗な空気を吸って、素朴なキャディーとゴルフを楽しみ、高級温泉コテージで宿泊する。北朝鮮のゴルフは、唯一無二のゴルフ場かもしれない。

 (アジア・ウオッチ・ネットワーク 北朝鮮取材班 / 2014年9月)

#18 「観光特区」琵琶島  




 昨年12月、北朝鮮は「羅先経済貿易地帯法」を制定した。羅先特別市に外国資本を引き入れ、海外の先端技術を取り込むのが狙いだ。さらに外貨獲得のため、羅先市の琵琶島を中心とした「観光特区」の構想も浮上している。

 琵琶島の名は古代の中国、朝鮮、日本、ベトナムなど東アジアに広まった弦楽器・琵琶の模様に由来しているという。ここの海水浴場は海水が澄み切り、穏やかな海と荒々しい北部地帯の陸地をつなぐ風光明媚な風景は観光客を魅了するだろう。

 琵琶島から見る、山、岩、海、波の景色は、「まさに絢爛華麗な景観を作り上げる、最高の観光地である」と北の人は自慢する。
 蟹と貝類など海鮮料理も絶品だ。採ったその場で料理して頬張るのは海辺観光の醍醐味である。
 もう一つ琵琶島には名物がある。日の出とともに出没するオットセイだ。ここのオットセイは人慣れしているのか、観光客が近づいても逃げないらしい。

 琵琶島は、海の観光地として数多くの利点を数多く持っている。ホテルや道路も整備され、ハード面は整ったようだ。この地が「観光特区」として成功するか、残る課題はソフトだろう。
 最高の観光地をどの様に運営するのか、北朝鮮式の「おもてなし」に期待したい。

(アジア・ウオッチ・ネットワーク 北朝鮮取材班 / 2014年9月)

#19 平壌 小さな秋、見つけた  




 サツマイモの原産地は中南米、南アメリカ大陸、ペルー熱帯地方とされる。その後、東南アジア、中国に渡り、17世紀には日本に伝わった。そしていま北朝鮮では、このサツマイモが秋の風景の主人公になっている。

 サツマイモは「でんぷん」と「糖分」を多く含み、「焼き芋」にして食べると、ホクホクしていて美味しい。秋になると平壌市内には数多くの焼き芋売店がお目見えする。売店から漂う焼き芋の「香り」が秋の平壌に欠かせない風物詩の一つという。

 平壌市・人民委員会商業管理局果物野菜処のチョン・ドンギル氏
(男、55歳)によると、サツマイモは黄海南北道と平安南北道の農場で栽培されている。平壌市内には焼き芋売店が270余り設置され、各売店には30〜40トンのサツマイモが届けられる。

 サツマイモには食物繊維が多く便秘に効くほか、カロチンやビタミンCも多く美容、風邪予防に効果がある。サツマイモは「健康食品」だ。売店前には女性だけでなく、男性たちも列を作る。

 リュ・ジョンハク氏(男、55歳)は、「男はビール、女は焼き芋という言葉があるが、焼き芋の香りには皆、魅了される。便秘にも効くうえ、抗がん作用もある。自分にぴったりの健康食品だ。家でも焼いてみるが、売店の味は真似できない」と焼き芋売店の味を絶賛した。

 ジュ・ユンヒ氏(女、40歳)は10年以上焼き芋売店に勤めている。「店には“お得意様”が何人かいる。外国人留学生たちも焼き芋を買いに来る」と誇らしげに語った。

 20数年前の「苦難の行軍(食糧不足)」時期はサツマイモが食糧代用になっていた。サツマイモをみると苦しい時代を思い出すという理由で敬遠されることもあった。
 しかし、時代が変わると評価も変化する。今では健康食品という意味から、新たなサツマイモの食生活文化が形成されているようだ。

 熱々の焼き芋を食べながら「これこそ、社会主義の味と独特な香りだ」と、平壌市民は深まる秋を堪能している。



 (アジア・ウオッチ・ネットワーク 北朝鮮取材班 / 2014年10月)

#20 国際競技への野心  




 今年(2015年)、北朝鮮ではスポーツへの関心がさらに過熱しそうだ。1月11日は今年最初の「体育の日」(毎月第2日曜日)だった。 平壌では金日成広場に多くの市民が集まり、ランニングやテコンドー、リズム体操に興じる風景が見られた。このスポーツ・ブームの中心は、普段机に向い、あまり体を動かさない公務員たちのようだ。
 文学・芸術出版社でレイアウター(layouter)の仕事をするユ・イルシム(女性、23歳)さんは、「これまでスポーツに無関心だった」と言う。しかし、体育の日が設けられ、一転してスポーツ大好き人間になったと説明した。
 スポーツは嫌だった人が、彼女のように、スポーツ好きに心変わりした市民はかなりの数にのぼるらしい。

 昨年、北朝鮮が多くの国際試合で好成績を収めたことも、国民のスポーツへの関心に熱を注いだ。2014年、北朝鮮は国際競技で金81、銀66、銅80を獲得したと自負している。
 韓国で行われた第17回アジア競技大会では、キム・ウングッ、
オム・ユンチョルの2人は重量挙げで世界新記録を更新し、スターとして注目を集めた。

 北朝鮮のスポーツ・ブームは観戦するだけでなく、自ら体を動かしたり、競技に参加したりするようになってきた。寒い冬でも屋外に出てスポーツを楽しむ。
 数年前に新設された平壌のスポーツ公園は、休日や祝日にもなると多くの市民で賑う。
 北朝鮮は国民一丸となってスポーツへの関心を高め、選手が、世界を驚かせる成績を上げようと努力している。
 今年、北朝鮮は国際競技でどのような活躍を見せるのか。

 (アジア・ウオッチ・ネットワーク 北朝鮮取材班 / 2015年1月)

Asia-Watch Network

   Bangkok THAI
   Kuala Lumpur MALAYSIA

newpage2.htmlへのリンク