本文へスキップ

アジアに密着 Asia-Wach Network

アジアウォッチのホームページへようこそ
 1967年にシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの5カ国で設立された東南アジア諸国連合(ASEAN)は1999年にカンボジアが加わり、10ヶ国加盟体制が実現した。さらにASEAN+3(日、中、韓)や+6(印、豪、ニュージーランド)、ASEAN 地域フォーラム(ARF)などASEAN が中心となる動きも進み安全保障や国際関係で重要な位置を占めるようになっている。
 一方で域内の結束力には、ぜい弱な面もある。ASEANの内部事情があるほか政情不安のタイ、領有権問題での中国と鋭く対立しているベトナム、フイリピンといった国々にそれぞれ複雑な背景・事情がある。東南アジアからアジア全域に目を広げると日韓の対立激化、北朝鮮の動向など政治的社会的な「変数」が多いのがこの地域の実情だ。
 キリスト教を宗教の基盤にした欧州の人々は、パンを食べ、牛肉を食べ、フォークとナイフを使用する。習慣、文化が共有されている。しかし、アジアとくに東アジアの人々は、互いに見た目には、体つき、顔つきは同じですが、仏教、儒教、キリスト教、イスラム教、土着宗教という多様な宗教を信仰し、国の意思決定の仕方(政治制度)や風習も異なる。
 この視点に立ち、まずなによりも「異文化・相互理解」から出発しなければならない。領有権問題に象徴されるように、アジアは「ナショナリズムの発情期」といわれている。国家間の争いとその危険性が、米国をはじめ大国の積極的関与を呼び起こしかねない。その一方でアジアは、潜在力・発展性が期待されている。
 良いにしろ悪いにしろアジアは、マグマが活発な動きを示す活火山です。アジア・ウオッチ・ネットワークは、その動きを注視していきたい。



お知らせ亜細亜飛耳長目・最新記事

 -------------------------------------------------------------------
 2019年6月1日

「巨大民主主義(インド)」

… IT(情報技術)が進化するにつれインドの存在感は、急速に増してきた。ASEANが、中国にあまりに気をとられているうちに「インド人の頭脳」が国際的に広く、高く評価されるようになったのである。インドがITで成長を続け、日本や欧州の企業が、その頭脳に注目し、積極的にIT人材を活用している。…

  --------------------------------------------------------------------
 2019年5月19日

「巨大首都/ジャカルタ」

 インドネシア政府は、最近、首都をジャカルタからジャワ島外に移転するとの閣議決定をした。ジャカルタ首都圏は人口大国・インドネシアの10%超の約3,000千万人が住む。住宅不足、地盤沈下による洪水被害などもたびたび起きている。それに世界最悪とされる交通渋滞。…
 
 -------------------------------------------------------------------
 2019年5月1日

「光り輝く島での惨劇」

… 今回の爆発は時間が経つにつれ、「イスラム国」(IS)など海外の組織の支援を受けていたスリランカのイスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア」(NTJ)が関わっていた疑いが濃厚となった。スリランカでは、イスラム教徒は少数派だっただけに、この「宗教的過激組織による攻撃・奇襲」は、大きな衝撃を与えた。…

  --------------------------------------------------------------------
 2019年4月20日

「インドネシアとマレー半島」

…金正男氏が2017年2月に殺害された事件で、マレーシア当局は、このほど、実行犯として殺人罪に問われていたインドネシア人女性のシティ・アイシャー元被告を釈放した。もう一人の女性、べトナム人のドアン・ティ・フォン被告も5月初旬には釈放される見通しだ。…

  --------------------------------------------------------------------
 2019年4月1日

「寛容と不寛容/モスク銃乱射事件」

…背景には白人至上主義や排外主義がありそうだが、容疑者らにはイスラム教に対する「誤解」と見当違いな「おびえ」が根元にあった、ように思える。…


  --------------------------------------------------------------------
 2019年3月20日

「トンネル/ベトナムの変貌」

…峠を貫くトンネルが2005年に完成した。全長6.3キロ。4年の歳月をかけての工事で、東南アジアで最大級のトンネルである。日本の政府開発援助(ODA)が供与され、トンネルの入り口の壁には、日越の国旗が描かれ「友好のトンネル」を示している。…

新着情報注目記事&情報

2019年2月9日
サイトの一部改修が終わり再公開しました。
2016年
北朝鮮の対日交渉のキーパーソン、宋日昊大使の手記(一部)                  …筆者(※宋日昊、朝日国交正常化交渉担当大使)は、自らの体験、新聞・放送の記録、主席の日本人諸人士との会見の模様、それら諸人士の所感などを収集し、その刊行を思い立ったが、70年の長きにわたる歴史の中に綴られた数知れぬエピソードを一冊の書にすべて収めることは到底不可能であると断念し、当面、朝鮮の解放70周年に際して、そのうちの代表的な約150話を選び上下二巻の本にまとめて刊行することにした。…(「まえがき」より抜粋)

Asia-Watch Network

   Bangkok THAI
   Kuala Lumpur MALAYSIA

スマートフォン版