本文へスキップ

アジアに密着 Asia-Wach Network

アジアウォッチのホームページへようこそ
 1967年にシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの5カ国で設立された東南アジア諸国連合(ASEAN)は1999年にカンボジアが加わり、10ヶ国加盟体制が実現した。さらにASEAN+3(日、中、韓)や+6(印、豪、ニュージーランド)、ASEAN 地域フォーラム(ARF)などASEAN が中心となる動きも進み安全保障や国際関係で重要な位置を占めるようになっている。
 一方で域内の結束力には、ぜい弱な面もある。ASEANの内部事情があるほか政情不安のタイ、領有権問題での中国と鋭く対立しているベトナム、フイリピンといった国々にそれぞれ複雑な背景・事情がある。東南アジアからアジア全域に目を広げると日韓の対立激化、北朝鮮の動向など政治的社会的な「変数」が多いのがこの地域の実情だ。
 キリスト教を宗教の基盤にした欧州の人々は、パンを食べ、牛肉を食べ、フォークとナイフを使用する。習慣、文化が共有されている。しかし、アジアとくに東アジアの人々は、互いに見た目には、体つき、顔つきは同じですが、仏教、儒教、キリスト教、イスラム教、土着宗教という多様な宗教を信仰し、国の意思決定の仕方(政治制度)や風習も異なる。
 この視点に立ち、まずなによりも「異文化・相互理解」から出発しなければならない。領有権問題に象徴されるように、アジアは「ナショナリズムの発情期」といわれている。国家間の争いとその危険性が、米国をはじめ大国の積極的関与を呼び起こしかねない。その一方でアジアは、潜在力・発展性が期待されている。
 良いにしろ悪いにしろアジアは、マグマが活発な動きを示す活火山です。アジア・ウオッチ・ネットワークは、その動きを注視していきたい。



お知らせ亜細亜飛耳長目・最新記事

  --------------------------------------------------------------------
 2020年12月22日

「若者の抵抗(タイ、香港…)」

…タイも香港も抗議デモの未来への展望は明るくないが、共通しているのは既得権益を持つ層への「若者の怒り」だ。「シルバー民主主義」という表現がある。有権者に占める高齢者(シルバー)の割合が増し、高齢者層の政治への影響力が増大する現象である。選挙に当選したい政治家が、高齢者層に配慮した政策を優先的に打ち出すことで、若年層の意見が政治に反映されにくくなり、世代間の不公平につながるとされている。…

 --------------------------------------------------------------------
 2020年12月8日

「新・駐日大使(韓国)」

…姜氏はソウル大学卒業後、1980年代に東大に留学。博士号を取得した。 文政権では、与党「共に民主党」内で日韓歴史問題に取り組み、徴用工問題の解決策をまとめる役割を担っていた。その幅広い人脈と見識が期待される一方で、過去には「反日」の言動を繰り返したこともあり警戒感も出ている。…


 --------------------------------------------------------------------
 2020年11月19日

「軍人と政治(ミャンマー)」

…ミャンマーはどうなるのか。多くの軍人枠が残るが、民主化の進展とともに議会の中で「軍人色」は、次第に薄まっていくだろう。それがスーチー氏の課題であり、全力で取り組むとみられる。大きな問題は、政治人材の供出源ともいうべき、地方における民主化である。…


 -------------------------------------------------------------------
 2020年11月2日

「財閥(韓国)」

…韓国財閥の発展の過程をざっとみると、野心を持った創業者が朝鮮戦争後の復興に力を入れ、朴政権に目をかけられ、日本企業を手本に「ハミョン・テンダ(なせばなる)」の精神で、グループ各社を育て上げた――といえるだろう。しかし、時代は変わる。…


  --------------------------------------------------------------------
 2020年10月25日

「菅総理外遊(ベトナム、インドネシア)」

 菅義偉首相は、就任後初の外国訪問先にベトナムとインドネシアを選んだ。南シナ海問題などを巡る米中対立が深まる中、東南アジア諸国連合(ASEAN)との連携を深め、「自由で開かれたインド太平洋」構想への協力を呼びかけるのが主眼だ。…



 
 

新着情報注目記事&情報

 2019年2月9日     サイトの一部改修が終わり再公開しました。
 --------------------------------------------------------------------    
 2016年        北朝鮮の対日交渉のキーパーソン、宋日昊大使の手記(一部)

…筆者(※宋日昊、朝日国交正常化交渉担当大使)は、自らの体験、新聞・放送の記録、主席の日本人諸人士との会見の模様、それら諸人士の所感などを収集し、その刊行を思い立ったが、70年の長きにわたる歴史の中に綴られた数知れぬエピソードを一冊の書にすべて収めることは到底不可能であると断念し、当面、朝鮮の解放70周年に際して、そのうちの代表的な約150話を選び上下二巻の本にまとめて刊行することにした。…(「まえがき」より抜粋)
      

Asia-Watch Network

   Bangkok THAI
   Kuala Lumpur MALAYSIA


スマートフォン版